ゆすらうめさん の釣りコラム

2017.04.08

 

暖かくなったら、一気に気温が上がって、
桜の咲き方も、追い付いてない感じですね。

これじゃぁ、早く散るのかな?

 

さて、奥浜名湖はセイゴが好調にスタートして、
キビレも釣れて一気にシーズンインしましたね。

セイゴが好調ということは、餌になる物も居るって事だと思います。

雨もたっぷり降って落ち着けば、
魚達は活性が高くなると、期待したいですね。

 

ちょっと話はそれますが、大河ドラマの影響で我家に周りとか、
みおさんのお店周辺とか、賑わっています。

舘山寺と澪つくし橋上流の間を、船でお客さんを運ぶそうですね。

水深関係で、多分川の中央より西側寄りに、航行すると思われます。

実際に見てないので、なんとも言えないのですが、場所によってはブッコミのラインが、船のペラに持って行かれるかもと?心配しています。

釣り人には腹立たしい事ですが、船の方もペラのトラブルになりかねないので、極力避けたい事です。

こればかりは、どちらがって事では無いと思うので、昼間ブッコミやる方は注意が必要かと思います。

まぁ、今の時期より、ハゼのシーズンのほうが、心配ですが…(^^;)

必要な配慮をして、楽しむのが一番いいと思いますので、避けられる物は避けた方が、無難だと思いますよ。

 

天候やその他の要因も含めて、上手く立ち回るしかないので、ネガテイブに考えずに楽しむ事が一番いいよね〜〜と、思うのですがね!

 

私も、ボチボチ浜名湖に復帰しますかね〜()

 

では、また〜〜♪( ´▽)

 


2017.03.06

 

寒くなったり、暖かくなったりと、寒暖の差が激しいですね。
このまま暖かくなるのですかね?
体調を崩さない様に警戒してくださいね(笑)
私は、幸いにも年明けに軽い風邪を引いたぐらいですみましたが・・・。

前回のコラムで、東海地方から西は暖かいですねなんて書いたら
その後、西日本の日本海側は、積雪がすごい事になってしまってました。
従妹が京都に住んでいるのですが、屋根から落ちた雪で物干し場の
屋根が凹んだ画像が、ラインで送られてきました。
その家の子供は、初めての本格的な雪に、大喜びだったらしいですが・・・(~_~;)

そんな具合な天候だったので、やっと初釣りにいけました。
好調な伊豆半島の磯に、メジナ釣りにいきました。
好調なのは喜ばしいのですが、水温の関係なのかわかりませんが
場所によっては、夏の魚のタカベやイサキが釣れてるんですよ・・・?
いわゆるエサ取りなんですが、旬の時期ならランクが上がって
キープする魚なんですが、ちょっと違和感がありますね。
メインターゲットの口太メジナは、乗っ込みの体型になって重量がMAX状態です。
3月は、1年間で一番水温が低くなりやすい時期と、産卵が始まるので
普通ならば、食いがシブイ時期なんですが、今回の釣行ではその傾向は
あるもののなんとか、釣果にめぐまれました。

衛星の温度分布画像を、毎日チェックしていますが、
遠州灘~浜名湖も、同じ様な水温推移なんですよね。
近年表浜名湖では、年中キビレが釣れる様になちゃったんですが
最近は、それが普通になってしまったのが、ちょっとね~(・・?
研究者によると、温暖化の影響らしいのですが、(日本海側の降雪もそうらしいです)
かなりの違和感がありますね。
状況は受入れるしかないので、みなさんも自分なりに分析して釣行してますよね。
でも、良いのか悪いのかは、ビミョーですね。
どこまで、気候が変化していくのか?ちょっと不安ではあります。

奥浜名湖にも、釣り対象魚が入ってきた様ですね。
初期は、釣果も安定しませんが、「ワクワク」感はたかいですね~(笑)
今シーズンも、いよいよ始まります。
どんな展開なんでしょうか?
毎年のことなんですが、楽しみな時期ですね。

では、また!
(^O^)



2017.01.02



あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

2017年になりました。

しかしながら、暖かい正月ですね。

北の地方では、早い降雪もあり厳しい冬の様に

思いますが、東海地方から西は、暖冬傾向ですね。

年末に伊豆半島に、メジナを釣りに行きましたが

やはり、1ヵ月位ずれてる感じでした。

幸いなことに、釣れて来るメジナは良いプロポーションの

物ばかりでした。

しかも、活性も高くて数釣りが楽しめました。

喜んでばかりいられないことが、少々・・・

例年なら、ボチボチ磯に岩ノリが着く頃なんですが

自分たちが、渡礁した磯には着いていませんでした。

下田沖の神子元島などは、夏の魚のイサキやタカベが

エサ取りらしく、違和感を感じますね。

それでも、伊豆半島の各磯の釣況は、良い感じなので

もう少しすれば、型も数も揃いそうです。

さて、浜名湖の方はと言えば、冬の代表のカレイの釣果が

ボチボチ。

好調なのは、流し釣りのヒラメですね。

以前も、書いたかと思いますが、稚魚の放流を行って

いる効果だと思いますが、以前よりも多い様に思います。

陸っぱりだと、ライトゲームが良い感じらしいです。

この先は、通常どうりの寒さがいつ来るかで

変化しますが、水温が下がるまでは楽しめそうですよ。


只今、奥浜名湖はほぼシーズンOFFですが、季候の推移次第で

春の開幕がどうなるか、興味深いです。

 

いずれにしても、良い年になってほしいです。

今年も、コラム続けて行きたいと思ってますので

よろしくお願いいたします。

 

では、また!!


バックナンバーへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



トップページへもどる

   

inserted by FC2 system